お湯だけでもさらふわのヘアーが手に入ります

こちらは元々ヘアーが細く、高も少ないためクラスがなくいつもぺったりとした傾向になることが気掛かりでした。洗髪をノンシリコンのものに変えたり、スカルプマッサージをしたりという、めについたものは試していました。ですが、結果は伴わず、今現在もぺったりしています。何か素晴らしいものはないかといった目を光らせていると、つい眼にはいったのが「湯シャン」でした。

湯シャンはお湯だけでヘアーを洗うため、洗髪は全般用いません。洗髪に含まれる界面活性剤がスカルプを痛め、脱毛やクラスをで辛くやるのだといよいよしりました。湯シャンは文字通りお湯だけで、ヘアーは洗えるのか、というのが最初の問いでした。べたついたり、フケが増えたり、スカルプがべたついてかえって悪いのではないかと、問いばかりがわいてきました。評定を読むと、とにかく最初はべたついたりフケが気になったりとの見解がありました。なのでまずは、休日にトライしてみようと思い、休日の前日に第1回目の湯シャンを開始しました。

ステップ
シャンプー前にそれでは豚ヘアーのブラシで後頭部からさっきへって丁寧にブラッシングをします。適当にならないように100回計測してみました。次にお湯でヘアー全体を濡らし、徐徐にスカルプを手厚くこすります。ゴシゴシではなく、撫でるようにしました。丁寧に10当たりほど時間をかけて流し終わったら、クロスでモイスチャーをとります。眼の粗いブラシでヘアーをとかし、ドライヤーで根元から乾かします。こういうケース、洗髪による時とは違う些か重い触感になりました。完全に乾かしたらおしまいだ。

洗浄上向きはしばらくうっとうしいだ。皮脂が残っている貰い。けれども、特性がいつもよりふっくらしているような傾向でした。そうしたら休日は湯シャンを続け、カギを掴み今では洗髪といったサヨウナラできました。嬉しいことに、一時はべた付きが気になったヘアーもステップそれぞれ丁寧に行うことで、軽減しクラスがでてきました。心なしか洗髪時の脱毛も少なくなりました。最初のべたつき、かゆみ、フケを乗り越えれば、お湯だけでもさらふわのヘアーが手に入ります!
初めてためして見る収穫はあると思いますよ。アジエンスに騙されない!

お湯だけでもさらふわのヘアーが手に入ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です