“炭水化物は1食だけ”の痩身でこつこつ痩せましょう!!

「積み重ねる」は難しいことではありますが、痩身においては最も大切なポイント。こういう訳を重く捉えすぎてしまい、失敗してしまう実例は誰しもあるかと思います。但し、無理せずに「積み重ねる」ことができたらどうでしょう?

*『炭水化物』は一年中1食*
私はお米が大好きだ!一時は炭水化物を1食も食べないように我慢することもありましたが、我慢すれば我慢するほど食べたくなるもの。結果、炭水化物の過食に走ってしまい放棄。ただし、一年中に1食だけ、炭水化物を取るという施術としてみると、あんまり続けられました!全く食べられなくするのではなく、食べられる状況を調べるのです。

*朝めしに炭水化物を取り入れよう*
一年中3食のうち、私は朝に炭水化物を取り入れている。延々と努めましたが、わたしの生活にはそれが一番合っていたのです。朝、ちゃんとご飯を食べるため、食いでを得られ、なにより一年中の糧になります。こういう意味で、朝めしは3食の中でも一番必須で、ここに含めるのが完全だと考えました。

*取る前にお水をコップ2杯呑む*
朝めしは山盛り食することができてハピネスでしたね!では、炭水化物の取れない昼間といった夕刻ご飯はどうしてください?炭水化物がないと必ずしももの寂しく感じますよね。そんな時は、”お水を食前に2杯呑む”こういう習慣をつけることによって食いでが得られ、惣菜だけでも充分に満足できますよ!

*炭水化物の配置を分かる*
炭水化物を食べても良いと言いましたが、やっぱり食べ過ぎはよくありません。私は目安として”おにぎり2つ分”の炭水化物に収めるように心掛けている。配置を決めるため食べ過ぎを防止します。

さて、冒頭に「積み重ねる」ということがきっかけと言いましたが、実践してみて正にその通りですなと実感しました。約1階層続け、-4㌔洗い流し、ターゲットウェイトに達しました。無茶せずこつこつ「積み重ねる」ため、みなさんもこういう魅力を味わってください!若返りたいなら

“炭水化物は1食だけ”の痩身でこつこつ痩せましょう!!