足首や膝に負担がかかり痛む

 あたいはヘルシーってダイエットのためにランニングをしています。エクササイズには色々あるというのですがなぜランニングかと言うと至高支払いが少なくて済むからです。どうせ洋服の洗濯経費くらいで済みますし、洋服も靴も殊更ランニング用を買わなくてもシャツというジャージとエクササイズ靴で済むからだ。フィットネスクラブも最初は考えたのですが、月謝を払ってしまうと客人気分になってしまい「行かなくてもその分フィットネスクラブは儲かるわけだから不具合にはならないだろう」って人間詭弁を通じて途切れるとしてやめました。こういうイメージは、現にランニングを何とかから2-3太陽空間が空いてしまったり、本職が忙しくて1か月できなくても気にせず積み重ねるためにも役に立っています。
 最初は4kmぐらい走り回るとシャワーを持つのもしんどいほど疲れましたが、しだいに走行距離が伸びました。但し初期はウェイトが重かったので足首や膝に負担がかかり痛むことも思い切り。そんな時は困難せずお休みしました。じりじり走行距離が上がるといった嬉しくなるとともに、疲れよりも頭がリフレッシュ罹る効果に気づきました。本職のご苦労や暮しの危惧、苛苛程度が吹き飛んで前向きな気分になれるとともに、走っている間は完全に自分の時間として考え事をすることができるのであたいにとっては重要でありにくい時間となっています。1通年走るといった10kmくらいは普通に走れるようになり2時期目くらいにはハーフマラソンについに参加しました。ウェイトはこの頃になってもてんで変貌なかったのですが習慣になってくると身体が走りたくてうずうずするようになってきたので引き続き続けていました。3時期目ほどから体重が減り始めるようになり、5-6時期で10kg以来減りました。随分と効果が出るのに時間がかかりましたが急激に痩せこけることはなかったので寧ろ良かったかなと今では思っています。冬の年等は2ウィーク以来走らないでいると滑るのが億劫になってきますが、一度走り回るってまた翌日から駆けたくなります。また、続けてきたおかげなのかウェイトが少し増えてもひとたび走り回るといったたちまち元に戻ります。フィットネスクラブに入って何年も続けていたらいくらかかったのだろうと思うといくぶんゾッと決める。このままうまくランニングという付き合っていきたいと思います。xn--qckyd9bc.xn--tckwe

足首や膝に負担がかかり痛む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です