逆をやれば痩せこけるのでは

私の行っている痩身は一層第1に、毎日の総カロリーを引き下げる事です。
理論的には毎日の支出カロリー以上にカロリーを摂取しない企画だ。

第2に、現代は1日に3たびのランチタイムが良識とされていますが、者は空腹間が長くなると脂肪をボディーに貯めよう、貯めようとするという体系が動く商品なので、できるだけ空腹イメージを感じる間を作らないように常に胃腸八分目の病状をキープするように心がける事です。
これは相撲受けとりが肥える(脂肪を塗り付ける)学説とも合致してある。

お相撲くんは太りたい(ウェイトを増やしたい)のに毎日2食しかランチタイムを取りません。
太りたいなら何故、講義という寝ている以外は食べないのか?というのが私の問い合わせの始動種目でした。

調べてみると上述したような体系が人間のボディーには備わってあり(人25万階級の年数の中で飢えから提供されて、依然たかだか長期間しか経っていません。大昔の女性が太り過ぎなほうが素晴らしいとされていたのは、富のサインかもしれません。太り過ぎ=セレブ、財力があるので食品が手に入る=貴族の高貴な夫人)
お相撲くんはモーニングの前に著しい講義をし、空腹イメージを極限まで高めてドカ食いをします。
ドカ食いは肥える近道なのです。

ならば、その逆をやれば痩せこけるのではと願い、一年中に何回食べても素晴らしい(当然カロリーの酷いものを食するように努める)、空腹イメージを感じないように噛みしめるのがやせる早道なのではと考えるようになり、実践しております。

第3に、者は交感神経優位病状という副交感神経優位病状が交互におとずれ、日光の出ている間は交感神経が優位で、カロリーを支出決める、支出決めるという状態になっているので、昼前といった昼間は意外とカロリーの良い油っこいものを摂るようにしています。
(甘味を食べるも夜は我慢して、昼前又は昼間に摂るようにしています。おんなじカロリーを採り入れるのでもボディーが支出決める、支出しようとしてある病状と、ボディーが二度と手遅れ減少に入り、カロリーを貯めよう、貯めようといったカロリー支出行為が低下している時に取るのでは、ボディーに脂肪を蓄積する容量が一向に違う)

カロリーを意識する要素、空腹イメージを感じないようにする要素、交感、副交感神経を意識する要素。
こういう3つが私の痩身法だ。オールインワンジェル

逆をやれば痩せこけるのでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です